病院などでの栄養士の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

栄養士の病院内の役割

病院での栄養士の仕事内容に栄養指導があります。患者さんや家族の方と会って患者さんの病気にあった食事内容を考え話し合いをします。これも大事な仕事です。出している食事の献立を立てます。食事の種類は患者さんに合わせて提供します。何十類に及ぶ献立の中から患者さんに合わせて選びます。献立に沿って毎日食材を注文します。業者が持って来た食材の確認作業。調理ができているのか確認もやります。調理場所である厨房の衛生管理など、その他書類の整理などがあります。病院には必ず栄養士さんがいます。栄養指導が中心ですが、監査の書類も仕事のひとつです。

栄養士の仕事内容の説明

主に、病院や学校の給食センター、介護施設や食品を扱う職場などが勤務先の、栄養士の主な仕事内容は、栄養管理や献立の作成、栄養指導などです。または、栄養の知識を生かして、食品会社やスポーツ関係の職場などで働く場合もあります。病院などでは主に医師の指導の元に、患者さんの状態にあった献立の作成や、栄養指導などを行います。例えば、塩分を摂取すると病状を悪化させる恐れのある患者の場合は、塩分を控えた食事を作成したり、食べ物を噛む力や飲み込む力が弱っている患者さんには、流動食などや食べやすいように砕いた食事などを提供します。